Sil-mode

現在スローペースな模型生活中。 生温かい眼で見守ってください・・・。

HG REVIVE ガンダムMk-Ⅱ 製作記04

昨日発売の「ガンダムホビーライフ 010」が届きました。

170216.jpg
今回の特集はGPシリーズ
迫力満点の作例の数々に見惚れてしまいます。
前号に続いて特製水転写デカールも付録で付いてますが
今後は定番になりそうな予感もしますね・・・

さて、先週と今週は先月末の代休も含めて臨時的に週休3日
いつもこーだと心身的に楽チンなんですけどね~w
まぁそれも明日で終了。

そんなワケもありますので、
「HG REVIVE ガンダムMK-2」の製作を頑張ります!

今日は、腰回り。

170216a.jpg
腰アーマー各所のC面処理
MG誌に載ってたNAOKI氏の処理方法を参考にしています。

バズーカも塗装剥がれを回避したかったのでマグネット接続化・・・

先ずは、バズーカ本体にネオジム磁石を仕込みます。
170216b.jpg
メインは角形4.0x4.0x1.0mmをセンターに瞬着で固定。(バズ内部を削っています。)
その下に角形4.0x2.0x1.0を付属させて空間を埋めることで
腰部ラックとのマグネット接続強度を上げれるよう試みました。

当初は丸形4.0φをバズーカの円筒に沿わせて埋め込む予定でしたが
ネオジム磁石側面の磁力は思っていたよりも強くはなかったので
試行錯誤の結果、上記手法でいくことに収まりました。

170216d.jpg
バズーカのグリップは定番の後ハメ加工

腰部バズーカラック
170216c.jpg
バズーカにペーパーを巻いてラックの内径テンションを失くします。
これによりバズーカ接続時のクリアランス(塗膜剥離の回避)を確保
ネオジム磁石は角形4.0x2.0x1.0mm(4.0x4.0x1.0mmでは大きかった。)
Uバーニアフラットを加工したもので隙間埋めしています。

170216e.jpg
スポンサーサイト
別窓 | HGUCガンダムMk-Ⅱ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<HG REVIVE ガンダムMk-Ⅱ 製作記05 | Sil-mode | HG REVIVE ガンダムMk-Ⅱ 製作記03>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| Sil-mode |