Sil-mode

現在スローペースな模型生活中。 生温かい眼で見守ってください・・・。

痛風 その後再び…

前回受診時に処方されたフェブリク錠(尿酸値を抑制する薬)の服用を始めたものの
3日後に右足患部に痛風発作初期と同様の痛みを感じ出したので一旦服用を休止

患部に残っている尿酸結晶も当然ながら解離するため
一部の患者には痛みや発作の再発が生じることがあるそうです。(ネット情報)

患部の腫れや違和感が完治していないのに服用しても大丈夫なのか?と
処方時に整形外科の担当医に問い質してはいましたが
「様子を見ながら服用を調整するように…」とは言われて処方されたものの
やっぱり投与時期が尚早だった気がするのは否めない…。

それでも医師の処方を信じ、痛みが治まってから2~3日おきに服用を再開
先週からは、錠剤を半分(20mg⇒10mg)に割って服用してみたのですが…

先週末、右足患部が再び強く痛み出して、またもや杖無しでは歩けない状態に!(一一")

更には、ここ最近カラダの怠さが顕著で、寝起きも悪くなっており
振替って視るとフェブリク錠を服用し始めたのと時期が平行している…。

昨年、胆嚢を全摘しており、未だ肝機能は安定していない(過去の血液検査結果)の中
肝臓に負担を要する薬の投与は副作用があっても当然とも思えますし
その影響(副作用)は少なからず生じているような懸念から
自己判断で服用を中断!

そして、今日は尿酸値チェックのための受診予定日でした。

ここ数日フェブリク錠を服用していないにも関わらず
尿酸値は 「 5.8mg/dl 」に低下!
・・・恐らくは何度か薬を服用していた効果でしょう

あとは上記の事由を医師に伝えて経過観察したい旨を申し出て
患部の痛みが完全に退くまで暫くの間は薬の服用は自粛して
食事と生活習慣(適度な軽運動)で調整をしていくことにしました。

胆嚢全摘に伴う肝機能低下(不安定)や痛風発作の腫れが完治していない
にも関わらず、副作用を考慮すると尚早とも思える上記薬品の投与を進めるなど
この整形外科医の診察&処方の経緯にも不安感がどうにも拭えないため
同医師の診察から脱し、内科療法に切り替えた方が良さそうだと判断した次第です。

帰宅後、今日の血液検査の結果を改めて見てみると…
尿酸値は確かに低下しているものの
肝機能が全般にわたって以前よりも大幅に基準値を上回っている危険数値に愕然!

改めて、肝機能に関しては今回全く触れなかった医師に甚だ呆れました。(怒)

発作(炎症)が完治したら内科の主治医に相談必至ですゎ~
スポンサーサイト
別窓 | 健康・体調 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「ファミデビ」デビュー! | Sil-mode | MGガンダムVer.1.5 制作記16>>

この記事のコメント

ん〜、なかなか大変なご様子。
自分の体の痛みは、自分にしかわからないですから、
医者の指示のみを信じるんじゃなく
自分で調べて判断する事も時には必要ですね。

今後の医者とのやりとりから、
うまい治療法が選択できるといいっすね。
2016-10-09 Sun 12:39 | URL | MASA #V8RMHPHM [内容変更]
ご心配をお掛けしてスミマセン。

だいぶ痛みも退いてきまして
ちょうど今日
ビッコ牽かずに歩行出来るようになったところです^^

完治まではもう少し時間が必要ですが
上手に自分のカラダと付き合っていこうと思います。
2016-10-09 Sun 21:59 | URL | しるびぃ #CZ/kgue6 [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| Sil-mode |