Sil-mode

現在スローペースな模型生活中。 生温かい眼で見守ってください・・・。

痛風 初診編

痛風発作の翌日(月曜日)には痛みが一時退いたのも束の間

自宅静養せずに天童までドライブ&野球観戦に行った事が悪いのか?
運転中にも疼きっぱなしの左足患部はその後も痛みが退かない・・・。

天童から帰宅してから関係書籍を読み調べてみると、気になる内容が・・・

・炎症部は心臓より高い位置にし、冷やして、安静が必要
   ・・・そういや炎症部を上げてた方が痛みが和らいでたよなぁ
・サリチル酸を含んだ鎮痛剤の服用はダメ!
   ・・・やべっ!使用してる冷湿布がサリチル系だったぞぉ~(゚Д゚;)

猛暑の中のお出掛けで、そんな事も災いしてか?どうなのか?
この際だからやっぱり医者に診てもらってしっかり治そう!と病院へ・・・

痛風を発症した現在の尿酸値を把握しておいた方が
今後の生活習慣改善(療養)のためにも大事ですしね。

症状が「痛風」と分かっている場合は、整形外科での受診になるらしいが
根本的なところから先ず診てもらいたかったこともあり、敢えて内科で受診。
まぁ実際のところ病院側でもどちらの科で受診しても構わないみたいw
(症状や病院の事情によって判断基準が違ったりするかもしれません。)
結果的には内科受診の方が断トツで待ち時間が短く済んだんですけどね^m^

んで血液検査の結果は、 【尿酸値 7.3H (上限値 7mg/dl)】

近接過去の健康診断では、昨年 8.4 2年前 7.6 3年前 7.6
なので、むしろ今回の方が意外や意外!数値が下がってる~!!
恐らくは「9.0オーバー」必至だろうと素人なりに予想はしてたんだけどね(^^;

まぁそれでも僅かな数値であれ上限数値はオーバーしてるのは事実
それは素直に受け止めるところだと改めて思いました。

それと、サリチル酸配合湿布を使用した事は痛み再発の直接的要因ではなかった
との事で一安心

兎も角、先ずは炎症と痛みを和らげる事に専念して一週間様子をみて、
それが治まってから薬物療法をしていくことになりそうです。

今回の処方薬はこちら
140604.jpg
・ロキソニン錠 60mg (痛みや炎症を和らげる薬)
           1日3回 朝昼夕 食後服用
・ムコスタ錠 100mg (胃炎を抑える薬 *ロキソニン錠の補助薬)
           1日3回 朝昼夕 食後服用
・ロキソニンパップ 100mg (痛みと炎症を抑える貼り薬)
           1日1回 患部に貼付
以上ですが、痛みの状況に応じて服用(貼付)回数を減らしても構わないとの事。

今思い返せば今回の痛風発作が発症する予兆らしきものがあったのも事実。
春先頃から左足の親指と人差指の付根付近に気持ち悪い痒みを感じ出してたり、
仕事での心身的ストレスも尋常じゃなかったですからね~(^^;

4月に過労&ストレスダウンしてから2ヶ月
漸く最近になって頭痛頻度も落ち着いて普通の生活が出来る様になってきた矢先でした。

気温上昇に伴い、時々しか飲まないビールや酎ハイを微量ながらも毎日飲んでたし、
半年近く疎遠だった缶コーヒーを飲む機会が連続したのも引き金になったのかなぁ?
発作の時期と一番タイムリーな出来事といえばそうなんだよね~

ここ暫くの間、発症ギリギリの危険ラインで生活してたんだなぁと改めて実感しました。

4年半前に尿路結石を患ってるにも係わらず、ここ数年の健康診断での結果を軽視し
尿酸数値の指摘も見逃していた己自身の不甲斐なさと無知さを恥じるばかりです。
スポンサーサイト
別窓 | 健康・体調 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<MACROSS:THE MUSEUM@石ノ森萬画館 | Sil-mode | 2年ぶりの天童>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| Sil-mode |