Sil-mode

現在スローペースな模型生活中。 生温かい眼で見守ってください・・・。

3ケ月ぶりの尿酸値検査

尿酸値とLDHの確認のため3ヶ月ぶりの血液検査に行って来ました。

検査結果は、尿酸値【 5.9mg/dl】

先週は2日連続で日中野球観戦しちゃったり、週末は30℃越えの猛暑だったり
そんな事もあってか、ここ2~3日は右足に違和感も生じて不安だったのですが、
尿酸値抑制剤を服用し続けた効果もあって数値は下がってくれてました。

流石に「肝機能低下」と「LDH数値」は指摘対象からは外れませんでしたが
治療を要するまでの数値には至ってはいないとのことで今後も経過観察。

病院から帰ってから、暫くサボっていたウォーキングを早速再開
今日も30℃越えの天候…熱中症になっては元も子もないので
ショッピングセンター内をグルグル歩き回っただけなんですけどねw
スポンサーサイト
別窓 | 健康・体調 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

痛風療養薬処方のため内科受診

今日は、先月下旬に休日出勤した代休

尿酸値抑制剤が底を突いてきたので、薬の補充のため病院に行って来ました。
痛風に対する今後の療養相談もしたかったので、内科での受診へ改めて戻すことに…

血液検査の結果、尿酸値は【 7.1mg/dl】
正常値(4.0~7.0mg/dl)を僅かに上回ってはいるがまずまずの安定数値

発作患部の痛みが漸く癒えてきた昨年11月頃からここ暫く2~3日間隔で
フェブリク錠10mg程度(20mgを半分に割って)服用していた効果もあったかな。

今回、内科医からの処方は、引き続き〔フェブリク錠〕
<10mgを1日1回毎日服用>ということで3ヶ月分程処方して頂きました。

それと、LDL(悪玉)コレステロールの数値が【 160mg/dl 】(正常値は70~139mg/dl)
ということで改めて指摘を受け(以前から各受診の度に指摘は受けていました。)、
次回の血液検査の結果を診て、こちらの療養も検討することになりました。

食事に関して更にまたこれまで以上の気を使わなければいけなくなっちゃった…(^^;
別窓 | 健康・体調 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

痛風 その後再び…

前回受診時に処方されたフェブリク錠(尿酸値を抑制する薬)の服用を始めたものの
3日後に右足患部に痛風発作初期と同様の痛みを感じ出したので一旦服用を休止

患部に残っている尿酸結晶も当然ながら解離するため
一部の患者には痛みや発作の再発が生じることがあるそうです。(ネット情報)

患部の腫れや違和感が完治していないのに服用しても大丈夫なのか?と
処方時に整形外科の担当医に問い質してはいましたが
「様子を見ながら服用を調整するように…」とは言われて処方されたものの
やっぱり投与時期が尚早だった気がするのは否めない…。

それでも医師の処方を信じ、痛みが治まってから2~3日おきに服用を再開
先週からは、錠剤を半分(20mg⇒10mg)に割って服用してみたのですが…

先週末、右足患部が再び強く痛み出して、またもや杖無しでは歩けない状態に!(一一")

更には、ここ最近カラダの怠さが顕著で、寝起きも悪くなっており
振替って視るとフェブリク錠を服用し始めたのと時期が平行している…。

昨年、胆嚢を全摘しており、未だ肝機能は安定していない(過去の血液検査結果)の中
肝臓に負担を要する薬の投与は副作用があっても当然とも思えますし
その影響(副作用)は少なからず生じているような懸念から
自己判断で服用を中断!

そして、今日は尿酸値チェックのための受診予定日でした。

ここ数日フェブリク錠を服用していないにも関わらず
尿酸値は 「 5.8mg/dl 」に低下!
・・・恐らくは何度か薬を服用していた効果でしょう

あとは上記の事由を医師に伝えて経過観察したい旨を申し出て
患部の痛みが完全に退くまで暫くの間は薬の服用は自粛して
食事と生活習慣(適度な軽運動)で調整をしていくことにしました。

胆嚢全摘に伴う肝機能低下(不安定)や痛風発作の腫れが完治していない
にも関わらず、副作用を考慮すると尚早とも思える上記薬品の投与を進めるなど
この整形外科医の診察&処方の経緯にも不安感がどうにも拭えないため
同医師の診察から脱し、内科療法に切り替えた方が良さそうだと判断した次第です。

帰宅後、今日の血液検査の結果を改めて見てみると…
尿酸値は確かに低下しているものの
肝機能が全般にわたって以前よりも大幅に基準値を上回っている危険数値に愕然!

改めて、肝機能に関しては今回全く触れなかった医師に甚だ呆れました。(怒)

発作(炎症)が完治したら内科の主治医に相談必至ですゎ~
別窓 | 健康・体調 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

痛風 薬品療法にシフトチェンジ

野球観戦との記事内容が前後しちゃいますが…

二度の通院を挟んで、昨日も整形外科での痛風診察

杖を使わずにスローペースながらも歩行が出来るようになり、
今月からは漸く革靴を履いて仕事が出来るまでになりました。

未だ痛みが若干残る患部を庇うように歩行せずには居られませんが
経過は良好

痛風そのものの痛みではないと自分でもそう感じているので
尿酸値を抑制する薬品療法にそろそろシフトチェンジ!

処方薬は… フェブリク錠20mg 1日1錠 朝食後服用

2年前は2~3ヶ月くらいで服用を切り上げたと記憶していますが
今回の痛風発作再発までの経緯を考慮すると、
(仕事を変える事も出来ないのでw)今後は服用し続ける事を考えています(^^;

あ!それと…
先月末からは漸く2階の寝室で就寝出来るようにもなりました~^^
階段の上り下りも困難だったため
居間(1階)での寝食生活を強いられてたのです…。
一ヶ月半ぶりでベッドの上でゆっくり寝られるまでも…長かったぁ~
別窓 | 健康・体調 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

痛風発作…ぶり返し

痛風発作の再発からちょうど一ヶ月経とうとした今月11日

漸く腫れも治まって来たかと安心したのも束の間…
発作がぶり返してしまいました(泣)

前日に健康診断で受診センター内を程々に歩き回ったせいなのか?
頂き物の海鮮煎餅を食べたのが悪かったのだろうか?
発作がぶり返した直前の行動で思い当たるのはそれくらい…。

そんなワケで、今日は休日を利用して整形外科を受診

もしも痛みが長引くような状況になったら整形外科も受診するよう
先日の内科受診時に内科医からも進言されてもいましたので…。
(非尿酸系痛風の可能性などもあるため)

で、結果的には…
本日の尿酸値が 「 7.3mg/dl 」 と若干上昇していましたので
そのせいで痛風発作が再発したものとの診断

患部が今迄と違って赤黒くなっていたので別の診断結果も予想してましたが
レントゲンでの所見からも上記診断に至ったようです。
問診の際に患部を見ようともしなかった医師には若干の疑念もありますけどねw

何はともあれ、大事には至っていないようなのでそれに関しては安心しました。

まぁ、治癒が遅い最大の原因は“安静にしていないせい”らしいですが
仕事も休むに休めない状況に置かれてますから、どうしたもんじゃろのぉ~(哀)

兎も角、もう暫く経過観察の日々を送ることになります…。

今回処方して頂いた薬は…
 ・ナイキサン錠 100mg (痛みや炎症を和らげる薬)
        ※ロキソニン系よりも炎症緩和作用比率が高い薬とのこと
        1日3回 朝昼夕 食後服用
 ・レパミピド錠 100mg  (胃炎を抑える補助薬)
        1日3回 朝昼夕 食後服用
 ・モーラステープ 20mg (痛みと炎症を抑える貼り薬)
        1日1回 患部に貼付
別窓 | 健康・体調 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sil-mode | NEXT